申し込みから契約に初期費用まで!賃貸住宅を借りるための必要事項を徹底解説!

>

意外とかかる?賃貸住宅に入居する際に必要な初期費用の種類

賃貸住宅への入居時にかかる初期費用

入居する際には、各種の初期費用が必要になります。
ここではその内訳を紹介します。
まず家主に支払う敷金と礼金が有名です。

敷金とはおよそ家賃一月分程度で、契約主が契約を終えて物件から退去する際、破損や汚れた部分を修復する費用になります。
修復費から残った分は返してもらえます。

礼金もやはり家賃一月分程度で、家主に対するお礼として払うもので、これは返ってきません。
ただ最近は礼金無用の物件も多くなっています。

また前家賃として、入居した月の分の家賃は前払いで払うことになります。
基本的に家賃一か月分ですが、月の途中から入居した場合は、日割り分の額になります。

そして不動産屋には仲介手数料を支払います。
この額は上限が家賃一か月分と法律で定められており、通常は家賃の半月分から一月分に消費税を加えた額になります。

賃貸住宅の入居にかかるその他の費用

それ以外の費用では、まず火災保険料が必要です。
これは火災などのトラブルに備えて保険会社に加入するためのもので、およそ1、2万円程度。更新は二年に一度になります。

アパート、マンションなどの場合、鍵の付け替え費用に5千円から1万円ほどかかる場合もあります。
また建物の管理費や共益費も毎月支払いが必要になりますが、これは家賃と一緒になっている場合が多いです。

もし連帯保証人がいなくて家賃保障会社を利用した場合、保障料として、家賃と共益費の半月分が必要になります。
これは家賃を払えなくなった場合の保証になるため返ってきません。

また長期の賃貸では、二年に一度、契約更新料を支払う必要もあります。
これは家賃の一月分からその半額程度です。
入居時にかかるこれら初期費用の総額は、家賃のおよそ4、5か月分といわれます。


この記事をシェアする

トップへもどる