申し込みから契約に初期費用まで!賃貸住宅を借りるための必要事項を徹底解説!

>

賃貸住宅への入居が決まったときに必要な書類をすべて解説!

入居時に入居者自身が用意すべき書類

賃貸住宅への入居に際して、入居者自身が用意すべき書類は、まず契約者と入居者全員の住民票です。
これは物件を借りる人たちの現住所を証明するためで、住民登録をしている市町村の役所に申請すれば発行してもらえます。
入居できるようになった時点で、余裕を持って準備しておくことです。

次に契約者本人の印鑑証明書です。これは契約時に印鑑が必要になるためです。
印鑑証明書を登録していない場合は、役所で住民票を発行してもらうのと同時に印鑑登録をしておきましょう。

そして契約者本人の収入証明書です。これは一定の安定収入があると証明するための書類です。
主に源泉徴収票、課税証明書、会社の給料明細書などになります。
詳しくは不動産屋に相談するといいでしょう。
また家賃が銀行引き落としの場合、銀行の通帳、口座番号、金融口座印なども必要になります。

入居時に連帯保証人に用意してもらう書類

賃貸住宅への入居時に必要な連帯保証人とは、もし何らかのトラブルで、入居契約者本人が家賃を払えなくなるなどのトラブルが起きた場合、代わって責任を取る人物になります。
そのため連帯保証人も各種の書類を提出する必要があります。

まず、連帯保証人証明書、または確約書です。
書式は不動産屋が用意してくれますが、連帯保証人当人による署名と印鑑証明を受けた実印の捺印が必要になります。
実印で捺印した証明するため、連帯保証人の印鑑証明も用意しなければなりません。
また、場合によっては連帯保証人の収入証明書や住民票が必要なこともあります。

これら連帯保証人に関する書類は、入居契約者だけでは用意できないため、できるだけ早めに用意してもらう必要があります。
もし連帯保証人になれる人物がいない場合、不動産屋の仲介で、家賃保障会社に頼むという方法もあります。


この記事をシェアする

トップへもどる