申し込みから契約に初期費用まで!賃貸住宅を借りるための必要事項を徹底解説!

連帯保証人も必要?賃貸住宅の探し方と入居申込書に必要なもの

春といえば新生活の季節です。
進学や就職などで実家を出て部屋を借りる。また転勤などで家族を連れて引っ越すといった人は多いでしょう。
アパートやマンション、貸家などの賃貸住宅に移るということもあるでしょう。

しかし初めて賃貸住宅に引っ越すときには、わからないことだらけだと思います。
そもそも物件はどうやって探せばいいのか、不動産屋の広告には載っていても先に借りられていることはないのか。
借りたいと申し出るときにはどうすればいいのか、契約するときにどんな書類や手続きが必要なのか。
賃貸物件を借りるときは、誰か保証人になってくれる人が必要だと聞いたことがある。
でも誰に頼めばいいのか、保証人に条件はあるのか、なってくれる人が見つからないときはどうするのか。
敷金礼金というのはよく聞くけど、最初に入居するときにどれぐらい費用がかかるのか・・・。
せっかくの新生活が、部屋を探す第一歩目からつまづいてしまいそうで不安なこともあるでしょう。

そこで、このサイトでは、物件を探すときの基本から、入居を申し込むときの必要事項。
そして無事、入居が決まったとき、必要になる敷金礼金仲介料その他の費用まで、賃貸住宅を借りるにあたって必要な手続きや書類、費用までをすべて解説します。

ここを読めば、賃貸住宅を借りるのは初めて、という人でも、あらかじめ用意しなければならない書類や費用などがすべてわかります。
物件探しから入居までの作業をスムーズに運ぶことができるでしょう。
安心して新生活への第一歩を踏み出してください。

契約から費用まで!賃貸住宅を借りるのに必要事項を徹底解説!

ここでは、まず賃貸住宅を探すにあたって、支払える家賃や立地などの条件内で見合う物件を探す情報の集め方や物件の決め方。 そして入居できる物件が見つかった場合、入居申込書を書く際に必要な書類な書類のそろえ方を説明します。 また連帯保証人の必要性についても解説します。

賃貸住宅への入居が決まったときに必要な書類をすべて解説!

入居申込書を送り、審査を通って入居が決まってからも、契約時にはいろいろな手続きが必要になります。 ここでは入居契約の際に、契約者が用意しなければならない各種書類を説明します。 また連帯保証人に用意してもらわなければならない書類や手続きについても解説します。

意外とかかる?賃貸住宅に入居する際に必要な初期費用の種類

入居契約も済ませ、いざ入居する際、家賃以外にもいろいろ初期費用が必要になります。 いわゆる敷金礼金や不動産屋への仲介料は有名ですが、他にもいろいろと細かい費用がかかってきます。 ここでは、入居時にかかる初期費用の種類と、その費用が必要な理由をすべて解説します。

トップへもどる